トップ > 家庭菜園 > 果菜類の接木 > プリンスPFメロンをカンピョウ台木に接木した場合の親和性について

プリンスPFメロンをカンピョウ台木に接木した場合の親和性について

プリンスPFメロンをカンピョウに接木すること自体は、何も問題なくできました。

カンピョウに接木したプリンスPFメロンをポット(プランター)に定植
ポット(プランター)に定植するまでは、自根苗と比べて貧弱でもなく、生育が遅れたわけでもありません。

ポット(プランター)の直径は、35センチです。

定植から一カ月ぐらいの状態
定植から一カ月ぐらいたっていますが、カボチャに接ぎ木したプリンスPFメロンの育ち方とは雲泥の差です。

やはり、親和性がないということだと思います。

カンピョウ台木の台木負け
写真は、カンピョウとカボチャの台木の根元ですが、一見しただけで、カンピョウの方が台木負けしているのが分かります。

カンピョウに接木したプリンスPFメロンの根の状態
ポットごと抜いて、根を確認してみると、写真でも分かるように、僅かしか出ていません。

これでは、育ちが悪いのも頷けます。

他に原因が見当たらないことから、プリンスPFメロンに対してカンピョウを台木とした場合には、親和性がないので使えないということが分かりました。

スポンサーリンク

ページトップ