HOME > 野菜の栽培 > 野菜の栽培記 > スイカ(西瓜)の栽培(プランターor鉢)、品種名:金山(カンピョウ台木に接木)

スイカ(西瓜)の栽培(プランターor鉢)、品種名:金山(カンピョウ台木に接木)

発芽した金山スイカ
種無しスイカの受粉用に必要なこともあって、6キロ位になる中玉の金山という品種をプランターで栽培してみました。

4月9日、金山スイカを2本だけ、「FRきずな」という品種名の台木用カンピョウ(ユウガオ)に接木します。

子蔓が伸びだしてきた
6月上旬、プランターに定植した金山スイカの子蔓が伸びだしてきました。

子蔓を3本伸ばして、実を1個だけ成らせたいと思います。

よしずの上の金山スイカの蔓
よしずの上で、金山スイカの蔓を伸ばそうと思い、竹で台になる様なものを作って、その上によしずをおいています。

着果した金山スイカ
7月中旬、金山スイカが着果しました。

種無しのほうが、なかなか着果しないので、金山スイカも着果させるのを遅らせてきました。

着果させてしまうと雄花の花粉の出が悪くなるそうなので、我慢できるところまで遅らせました。

通常であればもっと早く着果させることが出来ます。

8月上旬頃の金山スイカ
8月上旬、金山スイカがだいぶ大きく成りました。

小玉スイカぐらいにはなるのかなと思います。

葉に小さな黒褐色の班点
金山スイカの葉に小さな黒褐色の班点が散らばって出来ています。

この株だけなので、病気の可能性は少ないように思います。

軽いカリ欠乏かもしれません。

試しにカリ肥料を施して置きます。

葉の黒褐色が白褐色に
8月15日、黒褐色が白褐色の班点になって進行が止まったみたいです。

やはり、カリ欠乏だったのでしょうか。

収穫期の金山スイカ
8月18日、いよいよ金山スイカを収穫します。

金山スイカの収穫の目安は開花後、約30日~35日という事なので、今日が35日ぐらいなので収穫して見ます。

金山スイカの重さをはかる
プランターで育てた金山スイカの大きさは小玉スイカぐらいで、重さは約3キロでした。

半分に切った金山スイカ
金山スイカを半分に切ってみました。

ちょうど食べ頃と言った感じです。

甘さは普通だけど、これだけのスイカが出来れば十分です。

スポンサーリンク

ページトップ関連記事