HOME > 野菜の栽培 > 野菜の栽培記 > 水菜(みずな)の栽培、品種名:早生水天

水菜(みずな)の栽培、品種名:早生水天

早生水天 水菜の蒔き時の表示
早生水天という品種名の水菜の種を11月15日頃に蒔こうと思いましたが、温暖地の項を見ると蒔き時は10月初めまでとなっているので、水菜を育てるのは駄目かなと思いましたが、試しに蒔いてみることにしました。

自分で穴を開けた穴あきトンネルで、早生水天 水菜を育ててみることにしました。

本葉が出た
12月1日の写真ですが、早生水天 水菜の本葉が出てきました。

1月初めの水菜の草姿
1月初め、早生水天 水菜の生育はそろいませんが、今のところは大丈夫のようです。

食べられる大きさになった水菜
2月初め、早生水天 水菜はもう食べられる大きさになりました。

でも、まだ小さいかなと思うので、もう少し大きくします。

穴あきトンネルなら何の問題もないみたいですね。

収穫した水菜
3月初め、収穫した早生水天 水菜を食べてみましたが、筋っぽいです

水菜を栽培するにあたって、普通化成肥料を使用しましたが、窒素に比べてカリが少ない肥料が良いかもしれません。

前作の肥料も残っていると思われるので、窒素肥料だけでも良いかもしれません。

今度試してみましょう。

早生水天 水菜(みずな)の栽培、終了。

スポンサーリンク

ページトップ関連記事