トップ > 家庭菜園 > 野菜の栽培記 > 水菜の栽培、早生水天

水菜の栽培、早生水天

水菜(みずな)の栽培、
蒔き時
種を11月15日頃に蒔こうと思いましたが、温暖地の項を見ると蒔き時は、 10月初めまでとなっているので、水菜を育てるのは駄目かな と思いましたが、試しに蒔いてみることにしました。
自分で穴を開けた、穴あきトンネルでを育ててみることにしました。

有機アミノ酸肥料 畝に、平方あたり約100グラムの肥料を混ぜて、種の袋に書いてある間隔で種を蒔きました。

12月1日の写真
本葉が出た 早生水天の本葉が出てきました。

1月1日の写真
年初めの水菜 生育はそろいませんが、今のところは大丈夫のようです。

2月3日の写真
順調な生育の水菜
早生水天は、もう食べられますね。
でも、まだ小さいかなと思いますが、こんなものでしょう。
トンネルなら何の問題もないみたいですね。

3月2日の写真
収穫した水菜 ん ~
筋っぽいです
カリが効きすぎたみたいです。
窒素肥料だけで、良いかもしれません。
今度試してみましょう。

水菜(みずな)の栽培、終了。

スポンサーリンク

ページトップ