トップ > 家庭菜園 > 野菜の栽培記 > キュウリの栽培、フリーダム

キュウリの栽培、フリーダム

フリーダム キュウリの特徴
タネの袋に表示されているフリーダム キュウリの特徴。

病気に強いと書かれていますが、べと病に対して耐病性はありません。

フリーダム キュウリのタネを家庭用育苗器で発芽
4月9日にフリーダム キュウリの種をセルトレイにまいて、家庭用育苗器で発芽させました。

定植時期のフリーダム キュウリの自根苗
5月8日にポリマルチを張ってフリーダム キュウリの自根苗を定植。

フリーダム キュウリの下の葉の しおれ
6月になって、昼の間、自根栽培のフリーダム キュウリの下葉がしおれる様になってしまいました。

接木のキュウリとの比較
写真に写っている左側の接木栽培のキュウリは、しおれることなく変わりありません。

自根栽培のフリーダム キュウリの根元を見ても異状は見当たらないので、根に問題があるのかもしれません。

しおれる様になってしまっては、回復は無理と思われるので、自根栽培のフリーダム キュウリの根を掘って調べることにしました。

自根栽培のフリーダム キュウリの根
根を掘ってみたところ、根の先に小さなこぶがいくつも出来ているのが確認できたので、おそらく、ネコブセンチュウではないかと思われます。

ネコブセンチュウに寄生された根
しおれの原因は、ネコブセンチュウの寄生により根の機能や成長が悪くなってしまったためではないかと思われます。

2本だけ収穫したフリーダム キュウリ
小さいけれど、自根栽培のフリーダム キュウリを2本だけ収穫することが出来ました。

写真でもイボイボがないのがわかると思いますが、トゲの様なものがほんの少しだけある場合があります。

スポンサーリンク

ページトップ