トップ > 家庭菜園 > 野菜の栽培記 > イチゴの栽培(プランターor鉢)、室内での 紅ほっぺ

イチゴの栽培(プランターor鉢)、室内での 紅ほっぺ

イチゴの鉢栽培 紅ほっぺという品種を室内で鉢栽培しています。
写真は外に出して液肥を与えたところです。

2月1日の写真
一番花房の実 一番花房の実です。
この実は大きくならないみたいだし。
イチゴの二番花房も咲きそうなので、この実は切り取ってしまいます。

2月1日の写真
二番花房の蕾 二番花房の蕾が伸びてきました。

2月16日の写真
二番花房の花
紅ほっぺの花粉 二番花房の花が咲きました。
お昼頃に、筆で受粉しようと思ったのですが、寒いせいでしょうか、お昼になっても花粉が出てないみたいなので、 花粉の入っている葯を手の平の上でつぶして、手の平についた花粉を筆に付けて受粉してみたのですが。
どうでしょうかね。
成功していれば良いのですが。
成功すれば大きな、イチゴの実がなりそうですけど。

2月28日の写真
五番目の花
現在までに五個、鉢栽培のイチゴの花が咲きましたが受粉が成功したかどうかは、今のところ、まだ、わかりません。

2月28日の写真
鉢栽培中のイチゴ
このところ天気が悪かったので、イチゴの花がなかなか咲くことができずにいたのですが。
今日は薄日が差してきたのでやっとさいてくれました。
でも、オシベの色が悪く、だめかなと思って、よく見てみたら花粉が出ていたので、鉢栽培のイチゴの花に受粉はしておきましたが、 どうでしょうかね?

3月29日の写真
受粉が成功した紅ほっぺ
受粉が不成功の紅ほっぺ
最初の頃に受粉したのは二個だけですが、受粉が不完全のため実の形が悪くなってしまいました。
あとのものは、受粉成功でイチゴの実の形の良いものばかりです。

4月14日の写真
色ずき始めた鉢栽培のイチゴ
鉢栽培の紅ほっぺの大きさ
紅ほっぺが色ずき普通に大きなイチゴが、鉢栽培で実りましたが

4月14日の写真
ウドンコ病
ウドンコ病(白いカビのような病斑)が蔓延してしまって、鉢栽培のイチゴの収穫は出来そうもありません。
イチゴの実の中は見た目はなんでもないようです。
食べても大丈夫かどうかは、分かりません。

4月28日の写真
ハダニの被害株
葉に群がるハダニ
ある日突然、ハダニが大量に発生してしまいました。
葉裏にダニらしき物が居るみたいだなと、以前から思っていたのですが。
いずれにしろ、ウドンコ病でイチゴの収穫はゼロなので、これで終わりということで外に置いて、適当に管理していたら

6月 7日の写真
新葉が出てきた
実も成っている
回復してきました。
薬剤も散布していないのにハダニは消えてしまいました。
実も成っていますが、ナメクジに食べられてしまいました。

イチゴの室内での栽培(プランターor鉢)、終了

スポンサーリンク

ページトップ