HOME > 野菜の栽培 > 野菜の害虫 > キュウリの害虫、ハモグリバエの成虫と幼虫

キュウリの害虫、ハモグリバエの成虫と幼虫

ハモグリバエの幼虫による被害葉
ハモグリバエの幼虫による食害痕で葉が白くなっています。

ハモグリバエ
ハモグリバエの成虫は、目測で幅1ミリ位で、長さ3ミリ位いでしょうか、極めて小さなハエです。

ハモグリバエの蛹(さなぎ)
通常、ハモグリバエの幼虫は、地面に落ちて蛹(さなぎ)になるという事ですが、キュウリの葉の上に幾つもの蛹が見られます。

寄生蜂
幼虫が有る程度増えると寄生蜂がやって来て、ハモグリバエの幼虫の体に卵を産み付けます。

この寄生蜂は、目測で幅0.5ミリ位で、長さ2ミリ位でしょうか、ハモグリバエよりも小さいです。

寄生蜂がやって来ると被害は減少します。

スポンサーリンク

ページトップ関連記事