HOME > 野菜の栽培 > 野菜の害虫 > イチゴの害虫、ゾウムシ類

イチゴの害虫、ゾウムシ類

ゾウムシ
イチゴには、イチゴハナゾウムシ、クロケシツブチョッキリの二種類のゾウムシが知られているそうです。

どちらのゾウムシも、形や色が似通っているので分かり辛いかも知れません。

ゾウムシは、イチゴの葉柄や花梗を傷つけるので、採れるイチゴの量が少なくなります。

また、バラの新芽などを傷つける害虫としても知られています。

ゾウムシに傷つけられた葉柄
ゾウムシが、新葉の葉柄の部分の所々に穴を開けたりして傷付けるために、葉柄が折れてしまい成長できません。

スポンサーリンク

ページトップ関連記事