トップ > 家庭菜園 > 野菜の病気 > メロンの病気、モザイク病(ウイルス病)

メロンの病気、モザイク病(ウイルス病)

メロンのモザイク病(ウイルス病)の症状

ウイルスが原因のメロンの病気、モザイク病の主な症状です。

典型的なモザイク病による葉の症状
この写真に見られる葉の症状が、典型的なモザイク病の症状で、モザイク病の葉は健全な葉に比べて小さく大きくなりません。

モザイク病により黄化した蔓先
ある節から急に黄化した蔓先が現れて、蔓先の伸びは悪くなります。

モザイク病により萎縮した蔓先
ある節から急に蔓先が委縮します。

メロンに感染するウイルスで、名前にモザイクが付くウイルスは、キュウリモザイクウイルス、キュウリ緑斑モザイクウイルス、カボチャモザイクウイルス、ズッキーニ黄斑モザイクウイルス、スイカ緑斑モザイクウイルスなどがあります。

これらのウイルスには、アブラムシなどにより媒介されるものから種子伝染、土壌伝染、接触伝染するものまであるようです。

スポンサーリンク

ページトップ