1. HOME
  2. 自動車
  3. コンパクト カー
  4. フリード(FREED)の価格、主な装備、税金など|ホンダのコンパクトカー

フリード(FREED)の価格、主な装備、税金など|ホンダのコンパクトカー


注:
※ 更新年月:2019年1月
フリードの価格やスペック、装備、オプション等が、今後、変更される可能性があります。
フリードのスペック、装備、オプション、システムなどについての詳細や注意事項については、自動車メーカーまたは販売会社の直接の情報を参照してください。

フリードとは

ガソリンエンジンのみのフリードについて掲載しています。
フリードのハイブリッドについては、フリードハイブリッドをご覧ください。

フリードの装備については、主に「標準装備、メーカーオプション」のみ掲載しています。「設定なし」となっていてもディラーオプションとして用意されている装備もあるので、確認してください。

グレード名/価格

グレード名

5人乗りタイプ
6人~7人乗りのミニバン タイプ

メーカー希望小売価格(消費税込み)

主な諸元

駆動方式

フリードの4輪駆動は、「リアルタイムAWD」という名称の電子制御による4輪駆動方式を採用しています。

リアルタイムAWDでは、通常は前2輪駆動で走行し前輪がスリップしそうになると、油圧ポンプを作動させて後輪を駆動させます。

トランスミッション(変速機)

アイドリングストップ システム

アイドリング ストップ システム標準装備。

JC08モード燃費

車両重量

カッコ内は、メーカーオプションを装着した場合の最大車両重量。

パワーユニット

ブレーキの形式

タイヤサイズ

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

主な安全装備

Honda SENSING(安全運転支援システム)

Honda SENSINGの機能

衝突被害軽減自動ブレーキ

Honda SENSINGの衝突軽減自動ブレーキ(CMBS)は、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせて、人や自動車などを検知。

前後・誤発進防止システム

Honda SENSINGの誤発進抑制機能は、通常の場合、前方または後方に検知可能な障害物があると作動します。

ABS(アンチロック ブレーキ システム)

ABS+EBD(電子制御制動力配分システム)を装備。

車両走行安定制御システム

VSA(車両挙動安定化制御システム : ABS(アンチロック ブレーキ システム)+TCS(トラクションコントロールシステム)+横すべり抑制)標準装備。

坂道発進支援システム

ヒル スタート アシストを標準装備。

エアバッグ

全グレードに、運転席・助手席エアバッグ標準装備。

イモビライザー(盗難防止)

イモビライザー標準装備。

セキュリティアラーム(盗難防止)

セキュリティアラーム標準装備。

主な内外装備

スマートエントリー(電子キー)

Hondaスマートキーシステム標準装備。

ヘッドライト自動消灯

ヘッドライト オートオフ機能を標準装備。

電動パワースライドドア

カー エアコン

カー ナビゲーション/オーディオ

メーカーオプションのHonda インターナビとディーラー オプションのインターナビがあります。

2スピーカー標準装備、下記スピーカー数に含まれます。

カー ナビ装着用スペシャルパッケージ
Honda インターナビ
Honda インターナビの主な仕様
  • ナビゲーション機能
  • 通信機能
  • 高精細7インチワイドディスプレー
  • リア ワイドカメラ
  • 6スピーカー
  • ナビ/オーディオ リモコン+音声認識
  • ハンズフリー テレホン機能
  • TV(12セグ/ワンセグ)
  • DVD/CDプレーヤー
  • AM/FMチューナー

バックカメラ

バックカメラは、Honda インターナビとカー ナビ装着用スペシャルパッケージに付属。

紫外線(UV)カット ガラス

アルミホイール

寒冷地仕様車

寒冷地での使用も想定した仕様なので、寒冷地仕様車の設定は特になし。

シートヒーター
ヒーテッドドアミラーなど

全タイプ、リアヒーターダクト標準装備。

税金、減税、自賠責保険料など

自動車取得税(自家用乗用車)

希望小売価格(消費税抜き)から計算した新車購入時の参考税額。

自動車取得税は、カーナビなどの車体に固定するオプションを装着した場合には、その価額と自動車本体の取得価額の合計額に課税されます。

エコカー減税(自動車取得税)

現在、自動車取得税に適用されているエコカー減税の適用期間は、平成30年4月1日~平成31年3月31日までです。

自動車重量税(自家用乗用車)

自動車重量税は、オプションを装着した場合には、その重さと自動車本体の重さを合計した重量に課税されます。

エコカー減税(自動車重量税)

現在、自動車重量税に適用されているエコカー減税の適用期間は、平成30年5月1日~平成31年4月30日までです。

エコカー減税は、上記の本則税率から軽減されます。

自家用乗用車の自動車税(年額)

総排気量 1L(1000cc)超 ~ 1.5 L(1500cc)以下の税額。

グリーン化特例税制(自動車税の減税)

グリーン化特例の適用なし。

自動車リサイクル料金

自賠責保険料(37か月分)

諸費用

印紙代やナンバー取得(検査登録)、車庫証明などの代行費用に納車費用など(諸費用は販売店や車種によって異なる)。

スポンサーリンク