トップ > 自動車 > コンパクトカー > アクア ハイブリッドの主な装備、スペックなど|トヨタのコンパクト カーまとめ

アクア ハイブリッドの主な装備、スペックなど|トヨタのコンパクト カーまとめ

注:
※ 更新年月:2015年9月
アクアの価格やスペック、装備、オプション等が、今後、変更される可能性があります。
アクアのスペック、装備、オプション、システムなどについての詳細や注意事項については、自動車メーカーまたは販売会社の直接の情報を参照してください。

アクア ハイブリッドの価格・税金/主なスペック・装備など(概略)

発売日/タイプ/グレード|アクア ハイブリッド

5ドアハッチバック タイプのアクア(AQUA)は、トヨタの小型乗用車で、5ナンバー サイズのコンパクトなハイブリッドカーとして、2011年12月に初代の現行モデルが発売された。

販売は、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店のトヨタ車取扱い全店での販売となっている。

アクアは、5グレード構成で、Lグレードがベーシック モデルで、パッケージ メーカーオプションが選択できないなど、選択の範囲が限定される。

X-URBAN(エックス アーバン)がクロスオーバーをイメージしたモデル。

エンジン、燃費、トランスミッション(変速機)、駆動系

X-URBANを除き、全車JC08モード燃費は最高でリッター37.0 kmを達成。

アクアはハイブリッド車なので、電装品に電気を供給するための鉛バッテリーに加えて、駆動用モーターに電気を供給するニッケル水素バッテリーも搭載している。

電気式無段変速オートマチック トランスミッション(変速機)仕様で、4WD車の設定はなく、2WD車(FF車)のみのラインアップとなっている。

エコカー減税/自動車税の減税

平成17年排出ガス基準75%低減レベルを達成していて、平成32年度燃費基準+20%を達成しているので、取得税、重量税ともに免税となっている。

重量税が免税となっているアクアは、3年後の初回車検時にも重量税が免税となる。

エコカー減税の終了期限は、自動車取得税が2017年3月31日まで、重量税が2017年4月30日までとなっている。

自動車税についても、グリーン化特例税制により、2017年3月31日までに新規登録されたアクアは、翌年度の自動車税が軽減される。

主な安全装備

全車、運転席用と助手席用エアバッグは装備しているが、前席用・後席用サイド エアバッグ、サイド カーテンシールドエアバッグはメーカーオプションとなっている。

滑りやすい路面や急なハンドル操作でおこりがちな横滑りを抑制する、車両安定制御システム(VSC)、急発進、急加速を抑制するドライブスタートコントロールや急な上り坂での坂道発進を支援するヒルスタートアシストコントロールなども搭載している。

また、モーター走行時に、歩行者に対して車が近ずいていることを音で知らせるための車両接近通報装置も搭載している。

盗難防止装置

G "ブラックレザー セレクション"はイモビライザーを装備しているが、Lを除くその他の車種は、スマートエントリー(電子キー)パッケージオプションを選択することでイモビライザーを装備することが出来る。

セキュリティアラームはディラーオプションとなっている。

カー ナビ/カー オーディオ/バックカメラ

全車オーディオ レス仕様で、Lが2スピーカー、その他の車種が4スピーカー装着となっている。

また、ナビレディパッケージ オプションを選択することにより、バックカメラ、ステアリングスイッチ、6スピーカーを装着することが出来る(Lを除く)。

純正ナビゲーション、オーディオ、バックカメラ用ガイドキットなどはディーラーオプションとなっている。

主な快適装備

電子キーを携帯していれば、ドアハンドルを軽く握るだけで解錠が行え、センサーに触れるだけで施錠が行える、便利なスマートエントリーはG "ブラックレザー セレクション"のみの採用となっているが、Lを除くその他の車種もスマートエントリーパッケージ オプションを選択することで、装備することが出来る。

全車、全面に紫外線(UV)カット機能付きガラスを採用。

Lを除く全車のフロントドアにスーパーUVカット ガラス、リア側にはUVカット機能付きスモークドガラスを採用。

また、ビューティーパッケージ オプションを選択することにより、Lを除く全車のフロントドアに、IRとスーパーUVカット ガラスを装備することが出来る。

赤外線(IR)カット ガラスは、一般的なガラスに比べて遮熱に優れているので、日差しにより肌が熱くなるのを抑える効果が期待できる。

エアコンはモーターで駆動されるため、アイドリングストップによりエンジンが停止してもエアコンを効かせることが出来る。

さらに、エアコンには、スギ花粉などの除去にも対応するクリーン エアフィルターを採用。

また、ビューティーパッケージ オプションを選択することにより、エアコンの吹き出し口からナノイーを発生させることが出来る、ナノイー システムを搭載することが出来る(Lを除く)。

コンライト(オートライトシステム(ライト自動点灯消灯システム)とヘッドライト自動消灯システム)を装着したいのであれば、スマートエントリーパッケージ オプションを選択すれば装備することが出来る(Lを除く)。

コンライトは、トンネルに入るときなど手動でヘッドライトを点灯する必要もなく、エンジンを止めるとヘッドライトを自動で消灯してくれるので、消し忘れることもなくて安心なシステムだ。

主な収納設備

リアシート(後席)の背もたれは、Lを除く全車、分割して前に倒すことが出来るので、荷物に合わせて荷室を自由にアレンジすることが出来る。

また、荷室のサイズは、奥行き約72.2センチ、開口幅約94.6センチとなっている。

寒冷地仕様

北海道地区で販売されるアクアは、全車寒冷地仕様となるが、この地域以外ではメーカーオプションで対応。

寒冷地仕様車には、ヒーテッドドアミラー、ウインドシールドデアイサー、排気熱回収器、PTCヒーターなどが装備されている。

運転席用、助手席用シートヒーターはオプションで設置することが出来る。

スポンサーリンク

ページトップ