トップ > 自動車保険 > 保険料の割引 > 代理店型のKAPくるまる(総合自動車保険)の保険料が安くなる割引のまとめ

代理店型のKAPくるまる(総合自動車保険)の保険料が安くなる割引のまとめ

共栄火災海上保険株式会社の代理店が販売するリスク細分型の任意保険、KAPくるまる(総合自動車保険)の主な割り引きの種類と割引額や割引率などの概要をまとめています。

注:
※ 更新年月:2016年11月
今後、下記記載のKAPくるまる(総合自動車保険)の割引についての規定等が変更される可能性がありますので、共栄火災海上保険株式会社のWebサイト(ホームページ)や代理店などで要確認。
また、長期契約の場合は、割引についての取り扱いが異なる場合がありますので、代理店などで要確認。

KAPくるまる(総合自動車保険)の主な割引の種類、割引金額/割引率など

新車割引

新車割引の対象車種は、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車となっています。

新車割引の適用期間は、補償開始年月(保険始期日の年月)が、契約車両の初度登録年月(初度検査年月)の翌月から数えて25ヶ月以内であれば適用されます。

新車割引は、下記のそれぞれの保険の保険料から下記の割引率で割り引かれます。

自家用普通乗用車、自家用小型乗用車の場合に、割引が適用される保険と割引率
[割引が適用される保険:割引率 ]
  • 車両保険以外:9%
  • 車両保険:4%
自家用軽四輪乗用車の場合に、割引が適用される保険と割引率
[割引が適用される保険:割引率 ]
  • 対人賠償:10%
  • 人身傷害:16%
  • 車両保険:5%

ノンフリート多数割引

ノンフリート多数割引は、2台以上まとめて1つの保険証券で契約する場合に、所定の条件を満たすことで適用されます。

2台以上の契約車両を1つの保険証券にまとめた場合の契約台数と保険料からの割引率は、下記の通りとなっています。

ハイブリッドカー・電気自動車割引

契約車両が、、ハイブリッド車、電気自動車または圧縮天然ガス自動車(CNG車)の自家用普通乗用車、自家用小型乗用車または自家用軽四輪乗用車の場合に、ハイブリッドカー・電気自動車割引として、1部の特約を除く保険料から5%が割引かれます。

ハイブリッドカー・電気自動車割引の適用期間は、補償開始年月(保険始期日の年月)が、契約車両の初度登録年月(初度検査年月)の翌月から数えて13ヶ月以内となっています。

福祉車両割引

契約車両が、福祉車両(消費税法の規定に基づき、平成3年厚生省告示第130号に定められた消費税が非課税となる自動車)の場合に、福祉車両割引として1部の特約を除く保険料から3%が割引かれます。

福祉車両割引とハイブリッドカー・電気自動車割引の割引が重複した場合には、ハイブリッドカー・電気自動車割引のみ適用されます。

複数所有新規契約

1度も自動車保険に加入したことのない2台目以降の自動車(自家用8車種)を新たに取得して、KAPくるまる(総合自動車保険)に加入するときに、所定の条件を満たす場合に限り複数所有新規で契約することが出来ます。

その場合、ノンフリート等級は通常の6等級ではなく、7(S)等級からとなり保険料が安くなります。セカンドカー割引とも呼ばれています。

長期優良契約割引

前契約のノンフリート等級が20等級で、保険契約期間中に事故がないなど一定の条件を満たす場合に、長期優良契約割引として保険料から3%が割り引かれます。

スポンサーリンク

ページトップ