トップ > 自動車保険 > 保険料の割引 > 2台目から自動車保険の保険料が安くなるセカンドカー割引とは

2台目から自動車保険の保険料が安くなるセカンドカー割引とは

注:
※ 更新年月:2016年10月
今後、下記掲載の主な「ダイレクト型の通販型 自動車保険(任意保険)、代理店型の自動車保険(任意保険)」のセカンドカー割引(複数所有新規割引)の対象車種などの規定等が変更される可能性がありますので、各社のWebサイト(ホームページ)や代理店などで要確認。

セカンドカー割引(複数所有新規割引)について

セカンドカー割引とは、複数所有新規契約のことです。

複数所有新規契約は、1度も自動車保険に加入したことがない2台目以降の車で自動車保険に加入する場合に、ノンフリート等級の7等級からスタートさせることで保険料が安くなるため、セカンドカー割引または複数所有新規割引と呼ばれています。

一般的に、どこの自動車保険会社でも初めて自動車保険に加入した場合には、ノンフリート等級は6等級からのスタートとなっています。

複数所有新規で契約するためには、自動車保険会社が個々に定める適用条件(下記に掲載している「セカンドカー割引の一般的な適用条件の参考例」を参照)をすべて満たす必要があります。

一般的には、今回新たに取得した車が加入する自動車保険会社とすでに所有している車が加入している自動車保険会社が違っていても、複数所有新規で契約することができます。

ノンフリート7等級の保険料に適用される割引率・割増率の参考例
[ 運転者年齢条件:割引率・割増率 ]
  • 年齢を問わず補償:11%割増し。
  • 21歳以上限定:11%割引。
  • 26歳以上限定:40%割引。
  • 30歳以上限定:40%割引。
  • 35歳以上限定:40%割引。
ノンフリート6等級の保険料に適用される割引率・割増率の参考例
[ 運転者年齢条件:割引率・割増率 ]
  • 年齢を問わず補償:28%割増し。
  • 21歳以上限定:3%割増し。
  • 26歳以上限定:9%割引。
  • 30歳以上限定:9%割引。
  • 35歳以上限定:9%割引。

セカンドカー割引(複数所有新規割引)の一般的な適用条件

すでに2台以上の車を所有している場合は、その中のどれか1台が下記の適用条件の1台目の条件を満たす必要があります。

下記の適用条件では、今回、新たに取得した車を2台目と表記しています。

セカンドカー割引の一般的な適用条件の参考例

  • 1台目の自動車保険契約のノンフリート等級が11等級以上であること。
  • 1台目も2台目も用途車種が自家用8車種であること。ただし、保険会社によっては自家用8車種ではない場合もあります。
    • 自家用普通乗用車。
    • 自家用小型乗用車。
    • 自家用小型貨物車。
    • 自家用軽四輪乗用車。
    • 自家用軽四輪貨物車。
    • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)。
    • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超~2トン以下)。
    • キャンピング車(特種用途自動車)。
  • 1台目の所有者は個人であること。リースやローンで購入した場合の所有者は、車検証の使用者欄に記載されている使用者が所有者とみなされます。
  • 2台目は、今回初めて自動車保険に加入する車であること。
  • 2台目が、自動車保険に加入した場合の補償開始日(保険始期日)が、1台目の保険契約期間内であること。
  • 2台目も所有者は個人で、下記のいずれかであること。リースやローンで購入した場合の所有者は、車検証の使用者欄に記載されている使用者が所有者とみなされます。
    • 1台目の自動車保険の記名被保険者。
    • Aの配偶者。
    • Aの同居の親族。
    • Bの同居の親族。
    • 1台目の車両の所有者。
  • 2台目の記名被保険者は個人で、下記のいずれかであること。
    • 1台目の自動車保険の記名被保険者。
    • Aの配偶者。
    • Aの同居の親族。
    • Bの同居の親族。

セカンドカー割引(複数所有新規割引)の対象車種のまとめ

主なダイレクト自動車保険のセカンドカー割引の対象車種とその他一覧

アクサダイレクトの自動車保険
複数所有新規割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:アクサ損害保険株式会社。
イーデザイン損保の自動車保険
セカンドカー割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:イーデザイン損害保険株式会社。
おとなの自動車保険
セカンドカー割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
セカンドカー割引とは別に、おとなの自動車保険の加入者が、2台目以降の車もおとなの自動車保険で契約した場合に、下記の適用条件をすべて満たすと「おとなの2台目割引」が適用され保険料から600円が割り引かれます。
さらに、1台目の契約を更新した場合に、1台目にも「おとなの2台目割引」が適用されます。
おとなの2台目割引の適用条件は、以下の通りです。
  • インターネットを通じて、マイページから申し込みを行うこと。
  • 1台目の満期日まえに、2台目以降の加入申し込みを行うこと。
会社名:セゾン自動車火災保険株式会社。
ソニー損保の自動車保険
セカンドカー割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超~2トン以下)を除く自家用7車種(自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)とキャンピング車は、電話での見積もり。)。
会社名:ソニー損害保険株式会社。
そんぽ24の自動車保険
複数所有新規契約の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:キャンピング車を除く自家用7車種
会社名:そんぽ24損害保険株式会社。
チューリッヒの自動車保険
セカンドカー割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用5車種
  • 2台目以降:自家用5車種
会社名:チューリッヒ保険会社。
三井ダイレクト損保の自動車保険
セカンドカー割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用6車種
会社名:三井ダイレクト損害保険株式会社。
SBI損保の自動車保険
複数所有新規契約の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用5車種
会社名:SBI損害保険株式会社。

主な代理店型 自動車保険のセカンドカー割引の対象車種一覧

タフ・クルマの保険(個人総合自動車保険)
セカンドカー割引(複数所有新規契約者に対する特則)の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社。
トータルアシスト自動車保険
複数所有新規特則(セカンドカー割引)の対象車種は、1台目、2台目ともに主な自家用車。
会社名:東京海上日動火災保険株式会社。
ユーサイド新総合自動車保険
複数所有新規契約者に対する特則の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種および2輪自動車
  • 2台目以降:自家用8車種および2輪自動車
会社名:日新火災海上保険株式会社。
ASAP 個人用自動車保険
複数所有新規契約割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:朝日火災海上保険株式会社。
FAPneo(家庭用総合自動車保険)
ノンフリート複数所有新規の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種および2輪自動車
  • 2台目以降:自家用8車種および2輪自動車
会社名:富士火災海上保険株式会社。
GK クルマの保険・家庭用
セカンドカー割引の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:三井住友海上火災保険株式会社。
KAP くるまる・総合自動車保険
複数所有新規契約の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:共栄火災海上保険株式会社。
個人用自動車保険「THE クルマの保険」
複数所有新規割引(セカンドカー割引)の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:損害保険ジャパン日本興亜株式会社。
type R 家族総合自動車保険
複数所有新規契約(セカンドカー割引)の対象車種は、以下の通りです。
  • 1台目:自家用8車種
  • 2台目以降:自家用8車種
会社名:AIU損害保険株式会社。
スポンサーリンク

ページトップ