トップ > 自動車保険 > 補償の種類 > 死亡、後遺障害、医療の3つの保険金がある搭乗者傷害保険とは/自動車保険(任意保険)

死亡、後遺障害、医療の3つの保険金がある搭乗者傷害保険とは/自動車保険(任意保険)

ここに掲載しているのは、ノンフリート契約での一般的な搭乗者傷害保険(特約)についての概要ですので、あわせて自身が加入する自動車保険の約款(やっかん)も参照してください。

一般的な搭乗者傷害保険(特約)の主な特徴
  • 示談に関わりなく、定額(あらかじめ決められた金額)の保険金を受け取ることができる。
  • 人身傷害保険と違い損害賠償金と搭乗者傷害保険金の両方を受けとることができる。

自動車保険の一般的な搭乗者傷害保険(特約)の概要

搭乗者傷害保険は、契約車両(被保険自動車)に搭乗中(乗車中)の交通事故で、運転者や同乗者が死傷した場合に、見積もり時に設定した金額を支払い限度額として、死亡、後遺障害や傷害の程度に応じて、あらかじめ決められた金額が保険金として支払われる保険です。

搭乗者傷害保険が、自動的に付帯(セット)される自動車保険もあれば、搭乗者傷害保険を任意で付帯できる自動車保険もあります。

一般的な自動車保険では、搭乗者傷害保険が「搭乗者傷害特約」となっている場合もあります。

搭乗者傷害保険の補償の対象となる被害

契約車両(被保険自動車)に搭乗中(乗車中)の交通事故で、運転者や同乗者が以下の場合に補償されるのが一般的です。

補償を受けられる方の範囲(被保険者になれる方)

補償を受けることができる方(被保険者)は、一般的に契約車両に搭乗中の他人の方も含め運転者や同乗者の方全員となっています。

搭乗者傷害保険の保険金の支払い

搭乗者傷害保険は、示談に関わりなく保険金額(見積もり時に設定した金額で、保険証券に記載されている金額)を支払い限度額として、一般的に以下の保険金の支払いを受けることができます。

ほとんどの自動車保険の約款(やっかん)の搭乗者傷害の代位条項に、「損害賠償請求権は、当会社に移転しません。」とあるので、人身傷害保険(特約)と違い現時点では、加害者からの損害賠償金と搭乗者傷害保険金の両方を受け取ることが出来ます。

また、搭乗者傷害から保険金の支払いを受けても、ノーカウント事故として扱われるため、ノンフリート等級には影響ありません。

搭乗者傷害保険の保険金が支払われない主な場合

運転者を限定している場合、運転者年齢条件を設定している場合など、約款(やっかん)の規定で運転を許されている方以外の方が、契約車両を運転中の交通事故の場合、保険金の支払いを受けることができません。

以下の場合、その状態で車を運転した本人、あるいは、それを行った本人は補償されません。また、運転者を含む乗車している方全員が補償されない場合もあります。

上記には、補償されない主な場合のみ記載しています。詳細については約款を参照してください。

スポンサーリンク

ページトップ