トップ > 自動車保険 > 補償の種類 > 過失割合に関係なく、過失分も補償してくれる人身傷害保険とは/自動車保険(任意保険)

過失割合に関係なく、過失分も補償してくれる人身傷害保険とは/自動車保険(任意保険)

ここに掲載しているのは、ノンフリート契約での一般的な人身傷害保険についての概要ですので、あわせて自身が加入する自動車保険の約款(やっかん)も参照してください。

一般的な人身傷害保険(特約)の主な特徴
  • 過失割合に関係なく総損害額を補償。
  • 損害賠償金とは別に人身傷害保険金の支払いを受けることはできない。(不足分は支払いを受けることができる)

自動車保険の一般的な人身傷害保険(特約)の概要

人身傷害保険は、契約車両に搭乗中(乗車中)の自動車事故で運転者や同乗者が死傷した場合に、見積もり時に設定した金額を支払い限度額として、総損害額(人身傷害保険が定める基準で計算)を補償してくれる保険です。

加えて、任意付帯の場合もありますが、歩行中など契約車両外での自動車との交通事故で記名被保険者とその家族が死傷した場合にも補償してくれます。

人身傷害保険が、自動的に付帯(セット)される自動車保険もあれば、人身傷害保険を任意で付帯できる自動車保険もあります。

人身傷害保険の2つの補償タイプ

人身傷害保険には、補償範囲の違いにより、以下の2つの補償タイプが用意されています。

一般的な自動車保険では、上記の補償タイプのいずれか一方が特約となっていますが、人身傷害自体が特約の場合もあります。

「車内補償タイプ」は、補償範囲が限定されるので、「車内+車外補償タイプ」に比較して保険料は安くなります。

自損事故も人身傷害保険(特約)で補償

自損事故(単独事故)で運転者やその車の所有者が死傷しても、その車の自賠責保険からは補償されません。(自分の家族が死傷した場合でも、自分の自賠責保険が使える

その場合、通常は自動車保険(任意保険)の自損事故保険で補償されますが、最高限度額は、自賠責保険の最高限度額に比較して約半額でしかありません。

しかし、人身傷害保険が自動的に付く場合または任意で付けた場合は、一般的な自動車保険では人身傷害で補償してくれます。

自損事故保険と自賠責保険の最高支払い限度額
  • 自損事故保険の最高支払い限度額は、重度後遺障害の場合で約2,000万円~約2,200万円くらい。
  • 自賠責保険の最高支払い限度額は、重度後遺障害の場合で4,000万円

補償を受けられる方の範囲(被保険者になれる方)

契約車両(被保険自動車)の車内に搭乗中の自動車事故で死傷した場合に、補償を受けられる方
契約車両の車内に搭乗中の自動車事故で補償を受けることができる方(被保険者)は、一般的に運転者や同乗者で他人も含め乗車中の方全員(乗車定員まで)となっています。
車外(他人の自動車に搭乗中、歩行中、自転車で走行中など)での自動車との交通事故で死傷した場合に、補償を受けられる方
補償を受けることができる方(被保険者)は、一般的に記名被保険者とその家族で、具体的には以下のいずれかに該当する方です。
  • 記名被保険者。
  • Aの配偶者(内縁を含む)。
  • Aの同居の親族(6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族(いんぞく))。
  • Bの同居の親族。
  • AまたはBの別居の未婚の子。

保険金について

人身傷害保険は、対人賠償保険と同じで、総損害額が補償額となりますが、保険証券に記載されている保険金額(見積もりの時に設定した金額)が、支払われる保険金の上限(限度額)となるので、保険金額の範囲内で支払われることになります。

例えば、総損害額が5,000万円の場合、保険金額の違いにより以下の通りとなります。

  • 保険証券に記載の保険金額(見積もりの時に設定)が3,000万円の場合、総損害額が限度額を超えているので、限度額の3,000万円までしか支払われません。
  • 保険証券に記載の保険金額が1億円の場合、総損害額が限度額内なので5,000万円の支払いを受けることができます。

対人賠償保険では過失割合に応じて、損害賠償金から過失分が差し引かれるのに対して、人身傷害保険では、過失割合は関係ないので過失分が差し引かれることはありません

総損害額を計算するための損害の内訳

人身傷害保険の総損害額を計算するための損害の内訳に関しては、自賠責保険の保険金等の支払い基準とほとんど同じで、以下の通りとなっています。

上記の精神的損害は、自賠責保険の保険金等の支払い基準では慰謝料となっています。

人身傷害保険の総損害額は、上記の損害ごとに人身傷害条項損害額基準(人傷基準)を基に計算されます。

しかし、示談や訴訟の場合は、別の基準で総損害額を計算するので、人身傷害保険の総損害額とは異なる場合があります。

保険金の支払い

人身傷害保険では、示談が成立するのを待たずに保険金額の範囲内で、保険金の支払いを受けることも出来ます。

その場合、被害者に支払った保険金の額に相当する損害賠償請求権は保険会社が取得します。

加害者から損害賠償金の支払いが決定または既に支払われている場合は、人身傷害保険の総損害額から損害賠償金の金額を差し引いた金額が支払われますが、その場合も保険金額が限度となります。

いずれにしても損害賠償金とは別に、人身傷害保険金の支払いを受けることは出来ません。

また、人身傷害から保険金の支払いを受けても、ノーカウント事故として扱われるため、ノンフリート等級には影響ありません。

保険金が支払われない主な場合

運転者を限定している場合、運転者年齢条件を設定している場合など、約款(やっかん)の規定で運転を許されている方以外の方が運転中の自動車事故の場合、保険金の支払いを受けることができません。

また、下記の場合の結果、損害を被った本人または搭乗中の方が被った損害は補償されません。

上記には、補償されない主な場合のみ記載しています。詳細については約款を参照してください。

スポンサーリンク

ページトップ