HOME > 自動車保険 > 自動車保険のロードサービス > SBI損保の自動車保険のロードサービスとは

SBI損保の自動車保険のロードサービスとは

インターネットなどで販売されている、ダイレクト型の通販型 自動車保険(任意保険)のロードサービスについて、ここではSBI損保の自動車保険のロードサービスについての概要を掲載しています。

ロードサービスは、契約車両が対象となっています。また、SBI損保のロードサービスを利用してもノンフリート等級や保険料は変わりません。

注:
※ 更新年月:2016年8月
今後、SBI損保の自動車保険のロードサービスに関する規定等が変更される可能性があります。
したがって、加入申し込みを行う場合は、SBI損保の自動車保険のWebサイトなどで、自動車保険に関する情報等を直接確認してください。

契約車両に対するロードサービス

契約している自動車(被保険自動車)が、故障や事故などのトラブルで走行できなくなった場合に、SBI損保の自動車保険のロードサビースが提供する「緊急対応サービス、レッカー サービス、落輪引き上げ・引き降ろしサービス」についての概要をまとめています。

下記の各サービスを利用される場合に、利用者が個人的に業者を手配した場合はサービスの対象外となります。

無料対象外作業や部品代などの料金が発生した場合に、全て後日請求ではなく、部品の代金などは現場での支払いとなっています。

事故や故障などのトラブル現場の位置を特定するため、GPS機能付きスマートフォンの位置情報を利用したSBI損保GPSナビも用意されています。

緊急対応サービス

緊急対応サービスは、契約車両(被保険自動車)のトラブル時に現場で対応可能な下記のような復旧作業(30分)を無料で行ってくれます。

現場で対応できない場合は、レッカー サービスを提供。

ガソリン補給サービス

ガス欠時の燃料補給、ガソリンまたは軽油10リットルの燃料代が無料となります。(契約期間中1回のみ

レッカー サービス

契約車両が、事故や故障などで自力走行不能となった場合に、レッカー サービスを利用することが出来ます。

落輪引き上げ・引き降ろしサービス

運転者や同乗者に対するロードサービス

下記の各サービスを利用される場合は、事前連絡が必要となっています。また、費用については、利用者がいったん立て替え、後日、SBI損保のロードサービスから送られてくる費用請求書類に領収書原本を添えて請求(50日以内に必着)となります。

宿泊費用サービス

契約車両が、事故や故障などで自力走行不能となり、トラブル現場から目的地に向かうことも自宅に帰宅することもできなり臨時に宿泊した場合に、宿泊費用サービスを利用することが出来ます。

帰宅費用サービス

契約車両が、事故や故障などで自力走行不能となった場合に、帰宅交通費サポートを利用することが出来ます。

乗車定員を限度に契約車両に乗車していた人数分の補償を受けることが出来ます。

修理後車両搬送・引き取り費用サービス

事故や故障などで契約車両が走行不能となり、最寄りの修理工場で修理した場合に、このサービスを利用することが出来ます。

目次ページトップ関連記事