HOME > 自動車保険 > 自賠責保険 > 自賠責保険の保険金が減額されるのは過失割合70%以上から

自賠責保険の保険金が減額されるのは過失割合70%以上から

この記事での被害者(損害賠償を請求する側)とは、自賠責保険から見た場合の被害者のことなので、相手側ということになります。

注:1.
協同組合等が事業として行う場合には、関係する法律により保険ではなく共済という名称になります。
「 自動車損害賠償責任共済、自賠責共済など 」

自賠責保険での損害額からの減額

自賠責保険は、被害者への最低限の損害賠償を保障することを目的とした保険なので、任意自動車保険と違って被害者の過失割合が高い場合にのみ、被害者の損害額から減額が行われます。

ただし、傷害の場合、減額により損害額が20万円以下となる場合には、損害額は20万円となります。

また、傷害による損害額が20万円未満の場合には、減額は行われません。

自賠責保険では、保険金の支払いに限度額を設定しているので、被害者の損害額が支払い限度額を超えている場合には、支払限度額から減額が行われます。

自賠責保険での被害者の過失割合に対する減額率

参考.

  • 過失割合 70%未満
    • 損害額からの減額なし。
  • 過失割合 70%以上~80%未満
    • 傷害、後遺障害及び死亡の場合、損害額(限度額)から20%減額。
  • 過失割合 80%以上~90%未満
    • 傷害の場合、損害額(限度額)から20%減額。
    • 後遺障害及び死亡の場合、損害額(限度額)から30%減額。
  • 過失割合 90%以上~100%未満
    • 傷害の場合、損害額(限度額)から20%減額。
    • 後遺障害及び死亡の場合、損害額(限度額)から50%減額。
  • 過失割合 100%
    • 自賠責保険の保険金は支払われません。
スポンサーリンク

目次ページトップ関連記事