トップ > 自動車保険 > 自賠責保険 > 自賠責保険の補償限度額(保険金の支払い額の上限)とは

自賠責保険の補償限度額(保険金の支払い額の上限)とは

注:
協同組合等が事業として行う場合には、関係する法律により保険ではなく共済という名称になります。
「 自動車損害賠償責任共済、自賠責共済など 」

自賠責保険は、自賠法施行令(自動車損害賠償保障法施行令)で、傷害(ケガ)、後遺障害、死亡のそれぞれの損害に対して、自賠責保険金の支払いに限度額(支払い額の上限)を定めています。

被害者が複数人いても、一人一人への補償のための自賠責保険金の支払い限度額は変わりません。

傷害(ケガ)、後遺障害、死亡のそれぞれの損害に対する自賠責保険金の支払い限度額

傷害による損害に対する自賠責保険金の支払い限度額

自賠法施行令第2条の規定では、自賠責保険の傷害による損害に対する自賠責保険金の支払限度額は、1名につき120万円となっています。

後遺障害による損害に対する自賠責保険金の支払い限度額

等級及び支払い限度額は、自賠法施行令の別表第1及び別表第2に記されています。

介護を必要とする後遺障害

介護を必要とする後遺障害に至るまでの傷害による損害に対する自賠責保険金の支払限度額は、1名につき120万円となっています。

介護が必要な場合の自賠責保険金の支払い限度額(1名につき)
【 等級:限度額
第1級:4,000万円(常時介護を必要とする後遺障害)。
第2級:3,000万円(随時介護を必要とする後遺障害)。

後遺障害

自賠責保険金の支払い限度額(1名につき)
[ 等級:限度額 ]
  • 第1級:3,000万円
  • 第2級:2,590万円
  • 第3級:2,219万円
  • 第4級:1,889万円
  • 第5級:1,574万円
  • 第6級:1,296万円
  • 第7級:1,051万円
  • 第8級:819万円
  • 第9級:616万円
  • 第10級:461万円
  • 第11級:331万円
  • 第12級:224万円
  • 第13級:139万円
  • 第14級:75万円

自賠責保険の死亡による損害に対する自賠責保険金の支払い限度額

自賠法施行令第2条の規定では、自賠責保険の死亡による損害に対する自賠責保険金の支払限度額は、1名につき3,000万円となっています。

また、死亡に至るまでの傷害による損害に対する自賠責保険金の支払限度額は、1名につき120万円となっています。

共同不法行為の場合の補償限度額

複数台の自動車が絡む交通事故で、民法第719条の共同不法行為責任が認められた場合には、自賠責保険金の支払い限度額に加害自動車の数を乗じた額が、補償の限度額となります。

つまり、共同不法行為ならば、「 補償の限度額 支払い限度額 × 加害自動車の数 」となります。

例えば、加害自動車が2台で、傷害を負った被害者の損害額が240万円だとした場合、1台めの加害自動車の自賠責保険から傷害の限度額の120万円が支払われ、2台めの加害車両の自賠責保険からも傷害の限度額の120万円が支払われるので、結果的に支払い限度額が2倍ということになります。

しかし、これはあくまで限度額の話であって、損害額が120万円だからといって、1台めから120万円、2台めからも120万円を補償してもらえるわけではありません。

加害車両が複数台であっても補償額が、損害額を超えることはありません。

スポンサーリンク

ページトップ