1. HOME
  2. 自動車保険
  3. 自動車保険の補償内容
  4. 自動車保険の個人賠償保険(日常生活賠償保険)とは

自動車保険の個人賠償保険(日常生活賠償保険)とは

ノンフリート契約での一般的な個人賠償保険や日常生活賠償保険などについての概要です。

自動車保険の個人賠償責任保険

ほとんどの自動車保険には、日常生活での事故(自動車事故を除く)で、損害賠償責任を負担することで被る損害を補償してくれる個人賠償責任保険や日常生活賠償責任保険などが用意されています。

ただ、これらの保険には統一された名称がないので、この記事では便宜上、個人賠償責任保険としています。

個人を対象とした一般的な自動車保険では、多くの場合、個人賠償責任保険を特約として任意で付帯することができます。

また、ほとんどの個人賠償責任保険には、示談交渉代行サービスが付いています。

個人賠償責任保険の補償範囲

以下の場合に、法律上の損害賠償責任を負担することで被る損害が、補償の対象となります。

自動車保険の個人賠償責任保険は、自動車(原動機付自転車、自動二輪車を含む)での事故については、補償の対象外となっています。

一般的な個人賠償責任保険で補償される場合の例

  • 自転車で走行中に、歩行者や自転車にぶつかりケガまたは死亡させてしまった場合。「自転車保険としても使える自動車保険の個人賠償保険を比較する
  • ゴルフ中やスキー・スノーボード中に、他人を死傷させてしまった場合。
  • 飼い犬(ペットの犬)が、他人にかみつきケガをさせてしまった場合。
  • 他人の住宅などに飾ってあった、皿(財物)などを誤って割って壊してしまった場合。

補償を受けられる方の範囲(被保険者)

補償を受けることができる方(被保険者になれる方)は、一般的に記名被保険者とその家族で、具体的には以下のいずれかに該当する方です。

自動車保険には、小学生以下の子供(責任無能力者)は補償を受けられない個人賠償責任保険と小学生以下の子供でも補償を受けられる個人賠償責任保険があります。

一般的に小学生以下の子供は、責任無能力者とみなされるため、以前は、大半の個人賠償責任保険で責任無能力者は、補償を受けられませんでした。

しかし、今では、責任無能力者もほとんどの個人賠償責任保険で、補償を受けられるようです。

ただし、補償を受けられるのは、責任無能力者が他人を死傷させてしまった場合に、法律上の損害賠償責任を負担する方、つまり法定の監督義務者等です。

保険金額(支払い限度額)について

ダイレクト型の通販型 自動車保険に比較して代理店型の自動車保険では、保険金額が無制限の個人賠償責任保険を用意しているところが多くあります。

代理店型の自動車保険では、海外で損害賠償責任を負担した場合にも補償してくれる個人賠償責任保険を用意しているところもあります。

その場合、保険金額が無制限でも、海外で損害賠償責任を負担した場合の支払い限度額は、1億円~3億円となっています。

また、国内で示談交渉代行サービスを提供していても、海外の場合は示談交渉代行サービスの提供は行っていないようです。

保険金が支払われない主な場合

以下の場合には、被保険者(記名被保険者とその家族)の方が損害賠償責任を負担することで、損害を被っても補償されないことになっています。

上記には、補償されない主な場合のみ記載しています。詳細については約款(やっかん)を参照してください。

被害者の直接請求権

被害者(損害賠償請求権者)であっても所定の条件を満たしている場合には、加害者(被保険者)が加入している自動車保険に対して、個人賠償責任保険の保険金を直接請求することが認められているのが一般的です。