トップ > 自動車保険 > 自動車保険の比較 > 保険料が安くなるエコカー割引で自動車保険を比較する

保険料が安くなるエコカー割引で自動車保険を比較する

注:
※ 更新年月:2016年10月
今後、下記に記載の主な「通販型のダイレクト自動車保険(任意保険)、代理店型自動車保険(任意保険)」のエコカー割引に関する規定等が変更される可能性がありますので、各社のWebサイト(ホームページ)や代理店などで要確認。
また、長期契約の場合は、割引についての取り扱いが異なる場合がありますので、代理店などで要確認。

エコカー割引について

エコカー割引は、主に電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池自動車または圧縮天然ガス自動車(CNG車)などの環境性能にすぐれた車を対象とした割引です。

ここではエコカー割引と言っていますが、統一された名称はなく、自動車保険会社それぞれが独自の名前で呼んでいます。

エコカー割引の適用期間は、Webサイト(ホームページ)にエコカー割引を掲載している自動車保険会社の多くが、契約車両の初度登録年月(初度検査年月)から数えて13ヶ月以内となっていて、この期間内に補償開始日(保険始期日)があれば、エコカー割引が適用されるようです。

ただ、「初度登録年月(初度検査年月)の翌月から」と記載しているところもあるので、初度登録年月から数えるのか?、その翌月から数えるのか?についてくわしく知りたい方は、加入する自動車保険会社に確認する必要があります。

福祉車両割引が代理店型自動車保険に用意されていますが、エコカー割引と福祉車両割引が重複した場合に、ほとんどの自動車保険会社の規定では、福祉車両割引のみ適用され、エコカー割引は適用されないことになっています。

初度登録年月
初めて陸運支局への登録や初めて車検を受けた年月で、車検証に記載されています。
軽自動車の初度登録年月がわからない場合は、初度検査年月が初度登録年月となりますが、月の記載がない場合は、「有効期間が満了する日」欄に記載されている年月の月が、初度登録年月の月となります。

エコカー割引でダイレクト自動車保険(任意保険)を比較する

主な通販型のダイレクト自動車保険のエコカー割引の概要です。エコカー割引の詳細についてはダイレクト自動車保険会社のWebサイトなどで確認してください。

アクサダイレクトの自動車保険

イーデザイン損保の自動車保険

おとなの自動車保険

ソニー損保の自動車保険

そんぽ24の自動車保険

チューリッヒのスーパー自動車保険

三井ダイレクト損保の自動車保険

SBI損保の自動車保険

エコカー割引で代理店型自動車保険を比較する

主な代理店型自動車保険のエコカー割引の概要です。エコカー割引の詳細については代理店型自動車保険会社または代理店に確認してください。

タフ・クルマの保険(個人総合自動車保険)

トータルアシスト自動車保険

ユーサイド(新総合自動車保険)

ASAP(個人用自動車保険)

FAPneo(家庭用総合自動車保険)

GK クルマの保険(家庭用自動車総合保険)

KAPくるまる(総合自動車保険)

個人用自動車保険「THE クルマの保険」

type R(家族総合自動車保険)

ページトップ